2007年02月09日

鴨瀬氏、ゴロネコ藩国でラッピングされる

goroneko.jpgこの程、鴨瀬高次氏がゴロネコ藩国でラッピングされていた事が判明致しました。

鴨瀬氏は罠と分っていながらもレインボーセットの誘惑に耐えかね、ゴロネコ藩国榊聖藩王にラッピングされたそうです。

榊聖藩王曰く
「いつもとは違う趣向を凝らしてみました。
我が国の誇るべきカツラの技術を応用して生み出された無駄毛の装着によるもっさり感はいかがでしょう。
あいにくギャランドゥな写真は、風紀上まずいだろうということで、顔のみの掲載に自粛いたしました。」

ラッピング後の鴨瀬氏を見た国民の反応は

「吹きすぎたw むしろこっちを本物にしましょうよw 」
「にゃはははww 」
「うーむ。しかしこの鴨瀬絵はいいなあ。モミアゲがダンディすぎる……」

と、好評なようです。
さて、ラッピングされた鴨瀬氏は誰の手に渡るのでしょうか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。