2007年01月23日

泥棒猫による被害終結

「泥棒猫たちによる食料の被害はもはや見過ごせない。このままでは、また食事が砂糖水や白湯に戻ってしまう。そんなのはごめんだ! やつらをとっ捕まえて三味線にしてやれ!」

という藩王様の指示の元、ツナ缶を囮にした泥棒猫一網打尽作戦が展開されましたが、野生化した泥棒猫は激しく抵抗。
作戦は失敗に終わりました。

王宮に戻られた藩王様はあせる風でもなく
「……まあ大丈夫だよ。今日明日くらいでどうにかなるだろう。あったかいミルク用意しておいて」

と言い残され、そのまま不貞寝されました。

その翌日、天文台の予想通り大寒波が押し寄せました。
寒さに耐えかねた猫士たちは家に戻り、おコタでぬくぬくしながら藩王様から振舞われたあったかいミルクを飲み、元の怠惰な猫に戻ったようです。

ただ、野生の血がうずくのか悪そうな猫目は依然として残っています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。